読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミロクスキーの台所

食べるの大好き、野菜大好き ミロクスキー・メンドクサガリーナが目指す世界一簡単料理ブログ!

白茄子ズボラーナ姉さん

レシピ♪

メ(メンドクサガリ−ナ)「ミロクスキー・メンドクサガリーナです!趣味は光合成、生き甲斐は手抜きです!!」

 

キ(キッチリーノ)「え!せやったん!ミロクスキー・キッチリーノです!今一番興味のあることは生まれてきた意味です!」

 

メ「え!そうだったのお!!」

 

キ「せやねん・・・妻のお前にも言ったことなかったけど」

 

メ「今回はそんな私たちの存在意義が解明される時よお〜〜〜!!なんと!

369商店で今一番人気のある野菜はな〜〜んでしょう♪」

 

キ「微力商店?」

 

メ「違うわよ!ミロクよ、ミ、ロ、ク!!みろく商店!!微力て何よ!」

 

キ「怒るなよお〜、鼻がつまっててうまく言えへんかったんやあ。」

 

メ「あ〜もう、また無駄な前降りしちゃったわ!実はね、今一番売れている野菜は・・・私たち白茄子✨なのよッ!!!!!」

 

キ「ええっ!!!」

 

メ「うふふ、びっくりした?」

 

キ「ワシら・・白茄子やったん!!!」

 

メ「びっくりするのそこかい!!知らんかったんかい!!

もう、あんたとは、やっとれんわ!!」

 

キ・メ「しっつれ〜しましたあ〜〜〜〜〜♪」

 

 

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

大変失礼しました。ここからが本編です。

 

メ「というわけで、今日は白茄子料理を紹介しようと思うの。」

 

「私のことを忘れないでッ!!!」

 

キ「だ、誰?」

 

メ「ズボラーナ姉さん!」

 

キ「ええ〜〜〜〜〜〜〜???」

 

f:id:mirokuskiy:20160809235904j:plain

ズ「私が白茄子を代表して料理になってみせるわ!!」(服を脱ぎ捨てる)

 

メ「ね、姉さん、なんでいきなり裸に!?」

 

ズ「私たち白茄子は皮が厚いの!炒め物にするときは皮を剥いて!!

まずは乱切りにして、ピーマン、薄揚げと一緒に炒めてナンプラーと砂糖で味付けよ!」(油のあたたまったフライパンに投身する。油のはねる激しい音!!)

 

メ「ダメーー!姉さん、油吸いすぎ!!」

 

ズ「落ち着いて。

まず白茄子を炒めながら他の材料も入れて、少し水を入れて蓋をするの。水は大さじ2杯くらいから様子見て足りなければ足してね!

火が通ったら最後にナンプラーをぴゃーっとかけて、お砂糖ふりふりして、ちゃっと混ぜたら出来上がり!お砂糖は個人的には粗糖がお勧めよ♪

ナンプラーと砂糖のかわりに醤油と味醂でもいいわね。

ちなみに、最初にスライスしたニンニクを弱火でカリカリに炒めて、それを一度取り出してから調理して、最後にそのニンニクをふりかけのも美味しいわよ♪」

 

メ「うわあ〜めんどくさあ」

 

キ「う〜ん、旨そう♪それ、ワシがやるわ。」

 

ズ「今回は薄揚げだけど、厚揚げ、鶏肉も合うわよお〜〜〜。はいっ!できあがりい!」

 

f:id:mirokuskiy:20160810000001j:plain

キ「うわあ〜〜〜、とろっとろやあ!」

 

ズ「でっしょお〜〜、他のナスを比べて柔らかくて、火を通すととろけるようでしょ♪

ただ、その分煮物には向いてないかもしれないわね。でもやってみたら美味しいかも。誰か試してみたら教えてね♪」

 

 

 

 

メ「ね、あなた。私たちの価値がわかったでしょう。もう前を向いて生きていきましょうよ。」

 

キ「まだや、まだワシは自信が持てん。だって・・・炒め物だけやないかあ!!!!他にどんな食べ方があるってゆうねん!」

 

「丸焼きよ!」(燃え盛る火の中に身を投げる)

 

メ・キ「ええっ」

 

メ「ね、ねえさーーーーーーーーーーーーーん!!!!!ねえさん・・・ああ、まっくろこげ・・・あんなに美しかった姉さんがこんな姿に・・」

 

キ「待て、よく見ろ!」

 

ズボラーナの焦げが剥けて中から白い身が現れた!

 

メ「姉さん!」

 

ズ「さあ、スプーンでほじくって食べて・・・」

 

メ「お、美味しい、美味しいわ、姉さん。」

 

キ「ふっ、こりゃうまいわ。」

 

3人で夕陽を眺める。

 

 

キ「もしかしたら・・もっといろんな食べ方があるんかも知れへんな。」

 

メ「そうよ、きっと。あなたも、わたしも・・・

ね。姉さん。あら?姉さん?どこに行ったの?」

 

キ「さっきまでおったのに。おかしいな。夢やったんかいな。」

 

メ「いえ、夢じゃないわ。ほら、これ。」

 

キ「ははは、帽子忘れとるわ。また来てもらわな!」

 

 

台所には白茄子のヘタが横たわっていた。

身を挺して食べ方、いや、生きる意味を教えてくれたズボラーナ。

もしかしたら今夜、あなたの食卓に現れるかもしれない。

 

f:id:mirokuskiy:20160810002217j:plain

 

369(みろく)商店はオーガニックでローカルな野菜と食品をお届けする八百屋です。